旧川喜多邸 [鎌倉] [観光]  高ヒット  


映画を通じて国際交流に貢献した川喜多長政・かしこ夫妻の旧宅で平成6年に鎌倉市に寄贈されたものです。

川喜多長政氏は昭和3年「東和商事」を設立しヨーロッパ映画を日本に紹介する仕事を始めた。
翌年、同社の社員だった竹内かしこと結婚、夫婦で力を合わせて数々の名作を輸入・配給した。
作品は「自由を我等に」「巴里祭」「会議は踊る」「女だけの都」「望郷」「民族の祭典」など。

戦後昭和26年社名を「東和映画」と変更し、外国映画の輸入を再開。
ヴェネチア映画祭に黒澤明監督の「羅生門」を携えて参加しグランプリを獲得し、日本映画を世界に知らしめた。
東和映画の作品は「天井桟敷の人々」「第三の男」「落ちた偶像」「禁じられた遊び」「居酒屋」「肉体の悪魔」「チャップリンの独裁者」など。
生涯夫人と共に海外の映画祭に出席、国際的映画人として知られた。

また娘の川喜多和子も、黒澤明監督の「悪い奴ほどよく眠る」の助監督、フランス映画社副社長を務めるなど活躍。
親子三人仲良く鎌倉の英勝寺の裏山の墓地に眠る。

現在「川喜多記念館建設等基金」を設けて記念館の建設を計画中です。
その他哲学者和辻哲郎邸を移築した離れもある。

※問合せ先は鎌倉市役所景観部都市景観課 です。

情報提供:http://homepage2.nifty.com/kamakurasi/
 鎌倉★情報館


スポンサーリンク



 ※写真をクリックすると拡大します。


スポンサーリンク

スポンサーリンク




携帯で見る

                スマホアイコンURLを携帯に送る

 サイト管理者に連絡

このサイトの情報はメンテナンスを行っておりますが、情報が古い可能性がございます。必ずスポット管理者にご連絡の上、お出かけください。
また店舗の閉鎖、引越しなど、「情報の更新」がある場合は「下記の連絡フォーム」でご連絡ください。

 


カテゴリ内ページ移動 ( 99  件):     1 ..  55  56  57  58  59  60  61  .. 99