常楽寺 [鎌倉] [観光]  高ヒット  


大船の地名の由来と言われているお寺


蘭渓道隆開山、北条泰時開基

鎌倉幕府三代執権・北条泰時が夫人の母の供養の為、嘉禎三年(1237年)建立した粟船御堂が始まりと言われている。
その後、鎌倉幕府五代執権・北条時頼が蘭渓道隆を寿福寺から招いて臨済宗の寺となった。
蘭渓道隆は建長寺を開山する前にこの寺に住み禅を広めた。
寺の山号を粟船山(ぞくせんざん)と言い、現在の大船の地名はこの「粟船」(あわふね)からきていると言われている。

宗派:臨済宗建長寺派
本尊:
阿弥陀三尊 
梵鐘(国重文、建長寺・円覚寺と共に鎌倉三名鐘、鎌倉国宝館に寄託) 
仏殿(県指定重要文化財 禄四年(1691年)建立)狩野雪信筆の天井絵『雲竜』
木造文殊菩薩坐像(県指定の重要文化財)
造釈迦如来坐像(鎌倉市指定文化財)
木造蘭渓道隆像(室町時代の作、寄木造、玉眼入)

お墓:
北条泰時
木曽義高義
大応国師

行事:文殊祭(1月25日)
花見:梅、ぼたん、銀杏
写真:こじんまりとした趣のあるお寺で銀杏が色つく頃が絵になる

情報提供:http://homepage2.nifty.com/kamakurasi/
鎌倉★情報館


スポンサーリンク



 ※写真をクリックすると拡大します。


スポンサーリンク

スポンサーリンク




携帯で見る

                スマホアイコンURLを携帯に送る

 サイト管理者に連絡

このサイトの情報はメンテナンスを行っておりますが、情報が古い可能性がございます。必ずスポット管理者にご連絡の上、お出かけください。
また店舗の閉鎖、引越しなど、「情報の更新」がある場合は「下記の連絡フォーム」でご連絡ください。

 


カテゴリ内ページ移動 ( 99  件):     1 ..  52  53  54  55  56  57  58  .. 99