上行寺 [鎌倉] [観光]  高ヒット  


名工左甚五郎の龍の彫刻がある

1313年(正和2年)創建、日範上人開山
日蓮上人の孫弟子にあたる日範上人が開山した寺院で現在の本堂は1886年に松葉が谷妙法寺の法華堂を移築したといわれている。
本堂左手には1860年(万延元年)桜田門外で大老井伊直弼を襲撃した後上行寺にかくまわれていたが後にここで切腹した水戸浪士広木松之助の墓がある。
すべての病にご利益があるとされる瘡守(かさもり)稲荷と、身がわり鬼子母神が祀られている。
薬王経石という石で患部をさすることで痛みや苦しみが楽になるとのこと。

宗派:日蓮宗
本尊:
三宝祖師
山門の裏側に左甚五郎の龍の彫刻
広木松之助の墓
瘡守(かさもり)稲荷
身がわり鬼子母神

祈願:できもの(癌)、子授け、安産、水子供養
写真:小さいお寺ですが左甚五郎の龍の彫刻や七福神などが面白い

情報提供:http://homepage2.nifty.com/kamakurasi/
鎌倉★情報館


スポンサーリンク



 ※写真をクリックすると拡大します。


スポンサーリンク

スポンサーリンク




携帯で見る

                スマホアイコンURLを携帯に送る

 サイト管理者に連絡

このサイトの情報はメンテナンスを行っておりますが、情報が古い可能性がございます。必ずスポット管理者にご連絡の上、お出かけください。
また店舗の閉鎖、引越しなど、「情報の更新」がある場合は「下記の連絡フォーム」でご連絡ください。

 


カテゴリ内ページ移動 ( 99  件):     1 ..  37  38  39  40  41  42  43  .. 99